現在のページ : トップページ

包茎事情

アメリカの包茎事情は、ヨーロッパとは真逆のような考えがあるようです。アメリカ男性の6割以上の人が包茎手術を受けているのです。あらゆる新興宗教が多いアメリカですが、このような宗教的な考えではないようです。理由としては、医学的な見地から包茎手術を受ける人が多いとされています。
ですが1970年以降は、包皮の重要性が指摘されたため、手術する人の数が減少されたといわれてますが、それでも6割以上という高い割合で包茎手術を受けています。西部の地方の人に限っては9割ほどの人が包茎手術を受けているとされてます。その包皮がないのが当たり前とされている風習とは逆に、中には包皮の再生手術を受ける人も少なくはないようです。(包茎手術の逆の手術の意味)
アメリカの風習に憧れを抱く日本人も結構います。日本の包茎手術の発展は、このアメリカが元とされているのではないでしょうか。ヨーロッパとは逆の考えですが、やはり世界を見れば包茎というもの自体の考えが賛否両論あるということがわかります。
この包茎というものは、病気、日常生活に支障が出ないレベルを除けば、その人の考え方が一番正しいのであって、決して答えなんてないのではないでしょうか。アメリカ人ほどではありませんが、日本もこのような傾向になりつつあると考えられてきます。包茎で悩む日本人もかなりの数がいますが、自分の考えを第一に、世界の包茎事情というものを知ることも大事なことかもしれません。